Monthly Archive1月 2018

仕事で積み重ね

foi7859kl77 No Comments

介護したい理由は書類選考や面接において大変重要なことです。

相手が納得するような理由が無い限り評価が落ちます。

ところが、介護する理由を聞かれても上手に言えない方も多いかもしれません。

多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この介護理由で悩むこととなります。

不動産業界に介護しようと考えているのなら、最初に、宅建主任者資格を取得するようにしましょう。

宅建主任者資格なしでは、就職することが困難な企業もあるようです。

業種ごとに必要な資格が変わりますから、介護を決める前に業種に見合った資格を取得されるのもいいアイデアかもしれません。

異なる業種に介護するのは難しいと考えている人が多いですが、実際にはどうなのでしょうか?結論から言うなら、違う業種に介護するのは難しいものです。

経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。

しかしながら、確実に無理というわけではないですし、懸命に努力を重ねれば異なる職種に就けることもあると思います。

介護を考えたときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。

これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした介護を行おうと考えている人にもお勧めできる資格なのです。

社会保険労務士の資格があると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。

今の職に就いている間に、介護活動を始めて、介護先が決まってから、辞めるのが一番です。

退職後の方が時間の余裕がありますし、間を置かずに働き始められますが、介護先がすぐに決まらない場合もあります。

職の無い期間が半年を超過してしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を退職しないようにしましょう。

こちらもどうぞ>>>>>介護福祉士講座